白鳥鈴奈詩集

オリジナルの詩とショートストーリー・・・生きる喜び。愛の言葉。時の流れるままに

Top Page › ポエム › 「幸せなお婆さん」
2012-11-28 (Wed)  18:22

「幸せなお婆さん」

「幸せなお婆さん」

いつも笑顔の
ご近所のお婆さん

白いエプロンをかけ
ホウキでよく外を掃いていたの

目が合うといつも
ニコニコとして

天気やお花やら
あれこれ話しかけ

年上の方に
失礼だけれど

人懐っこい
可愛いお婆さんだったの


怒った顔も声も
聞いたことがない

いつも笑顔の
お婆さんだったの


いつもは吠えない愛犬が
スローな動きに警戒し

お婆さんに吠えてしまった
こともあったの


私ときたら
慣れて欲しいと思って

愛犬の抱っこをお願いすると

「噛まないですか?」と聞きながら
抱っこしてくれたこともあったの

いつも優しい
お婆さんだったの


昔、工芸の先生をしていたと
聞いていたので

ずっと若い頃から
やっていたのだと思っていたの


最近、知って驚いたの

若い頃は仕事をし
習い始めたのがなんと60歳!

教えてほしいと人に言われ
初めて弟子をとったのが65歳!


一生懸命にやることが大切で
始めるのに早い遅いはないのかな

きっとお弟子さんとも
楽しい時間を過ごしたんだろうな


亡くなったお婆さんの家に
遊びに行かせてもらった時

額いっぱいに大きい
お婆さんの笑顔の写真が

リビングの目立つ所に
飾られていたの

きっと今もみんなに
大切に思われているんだな

優しい家族に囲まれて
ずっと幸せだったんだろうな

みんなに愛される
いつも笑顔の

そんなお婆さんに
なりたいな

最終更新日 : 2015-08-04

Comment







管理者にだけ表示を許可