白鳥鈴奈詩集

オリジナルの詩とショートストーリー・・・生きる喜び。愛の言葉。時の流れるままに

Top Page › ポエム › 「新しい朝の始まり-虫や鳥や花も喜び」
2015-08-12 (Wed)  11:39

「新しい朝の始まり-虫や鳥や花も喜び」

「新しい朝の始まり-虫や鳥や花も喜び」

寝苦しい熱帯夜

朝早く目が覚めた私は
障子と窓をすーっと開けました

するとベランダの朝顔の
赤紫色の花たちが
目にぱーっと飛び込んできました

こんなにもたくさん
一斉に咲いているのを見るのは
種から育てて初めてでした


夏の新しい朝の幕開けと共に
虫たちの演奏が
ゆっくりと始まりました

アブラゼミが
ジージー ジージー
遠くまで響く甲高い一音で

ミンミンゼミが
ミ-ンミン ミ-ンミン
リズムと強弱つけて

ヒグラシが
カナカナ カナカナ
ムードたっぷりに

やがて鳥たちが目を覚まし
虫の演奏に合わせて歌いだしました

普段目立たない姿のキジバトが
デデッポポー  デデッポポー
低いこもった渋い声で

いつもは歌自慢のウグイスも
ホケキョ ホケキョ
遠慮がちに小さくちょっとだけ

昼間はおしゃべりなスズメたちも
チュン チュン
眠たげにちょっとだけ

夕暮れ時は長く声を張り上げるカラスが
カァ カァ
短く小さくちょっとだけ

静かに見守る木々たちの
幹や枝や葉も朝焼けに染まり
オレンジ、金色と美しく輝いていきました

我が家のベランダの赤紫色の朝顔たちも
お空にむかって
ラッパを吹いて参加していました

                     白鳥鈴奈 2015.8.12

最終更新日 : 2015-08-12

Comment







管理者にだけ表示を許可