白鳥鈴奈詩集

オリジナルの詩とショートストーリー・・・生きる喜び。愛の言葉。時の流れるままに

Top Page › ポエム › 「恵方巻き」
2013-02-03 (Sun)  23:11

「恵方巻き」

「恵方巻き」

今年はインフルエンザにかかったばかりで

恵方巻きを巻くのも大変なので

夕方、いつものスーパーに買いに行った。

なぜか駐車場がいっぱいだった。

みんな恵方巻きを買いにきたのだろうか?

ぶつぶつ言いながら、仕方がないのでコンビニに向かう。

いつもならお弁当やおにぎりが売られている棚に

一種類だけの恵方巻きがたくさん並べられて売られていた。

値段を見て凍りつく。

こんなに小さいのに380円もするの?

手を伸ばそうかどうしようかと迷った。

結局、カゴにいれレジにむかった。


さて、待ちに待った食べる時がきた。

恵方巻きのパックの裏に、丁寧に食べ方が書いてある。

今年の恵方の南東をむいて願い事をして黙って食べるようにと。

あなたと私。

目をつぶり食べ始める。

背中の方から、あなたの食べる音だけがしている。

食べ始めも早ければ、食べ終わるのも早い。

願い事をちゃんとしたのかしら?

私は初詣の時と同じ位に真剣にお願いしちゃいましたよ。


誰が考えたかわからないけど面白い風習。

後世の人がこの光景の写真か絵を見ても

きっと面白がるでしょうね。









最終更新日 : 2015-08-04

Comment







管理者にだけ表示を許可