白鳥鈴奈詩集

オリジナルの詩とショートストーリー・・・生きる喜び。愛の言葉。時の流れるままに

Top Page › ポエム › 詩 「忘れた日」
2019-10-04 (Fri)  17:47

詩 「忘れた日」

「忘れた日」

忙しくて
朝、パンの用意をするのを
すっかり忘れていたことに 
家に帰ってから気がついた

きっとやって来たに違いない
がっかりして 帰ったに違いない
その光景が ふっと頭に
よぎったと同時に
結局 疲れて、
その夜は そのまま忘れてしまった

白鳥鈴奈

最終更新日 : 2019-10-04

Comment







管理者にだけ表示を許可